ESD 愛・地球プロジェクト


← 市町村トップページへ戻る

安城市

安城市長訪問

・訪問日 7月1日
・訪問場所 安城市役所
神谷 学市長を表敬訪問しました。

0701-10701-2

訪問内容

◆ESD愛・地球プロジェクトの説明
◆バルーンアート、マジックなどのパフォーマンス披露
◆安城市のESDの取組である「わくわくネイチャースクール」「安城市こどもぐるぐるゼミナール」について

 

ESD取組取材

・取材日 7月1日
・取材対応者  安城市役所 環境首都推進課

環境フォーラム2014

安城市環境フォーラム2014は、中日新聞社の論説委員である飯尾歩氏を講師とし、『ドイツは失敗したか?~ドイツから学ぶ地域主導によるエネルギーシフトの未来~』というテーマでの講演、質疑応答の時間が設けられた。今回初めて開催する安城市環境フォーラムは、「市民とともに育む環境首都・安城」の仕上げとして、幅広く市民の皆様に環境の事を知っていただき、考えて頂くきっかけになればという思いから開催された。
フォーラムではドイツの再生可能エネルギーについて取り上げており、実際に安城市の取り組みとしては、太陽光や太陽熱発電の設置補助を行っているほか、自治体としてトヨタ自動車の燃料電池車FCVの導入の予算を今年度から入れることになどが紹介された。
また、安城市を流れている明治用水を活用した小水力発電も今年度から稼働し、再生可能エネルギーを誰でも身近に感じて触れる事が出来るようになったとのこと。
フォーラムは今回が初回にもかかわらず市民の応募も多く、今後の展開に期待が持てる。
0624-1

わくわくネイチャースクール

安城市では平成21年頃から児童を対象にした自然学習を行っているそうですが、『わくわくネイチャースクール』として一昨年前から矢作川の源流である長野県根羽村での自然活動を行っている。水を使う安城、そして水を守る根羽の交流は今年で100周年を迎える。このスクールでは地元の方の指導のもと、子供たちが間伐体験を通してきれいな水を作る森を育てるためには地面に太陽を当てなければいけない、そのためには管理(間伐)が必要という事を学ぶとのこと。
この他にも自然を使ったおもちゃの作成で自然に対する興味がわいたり、自分で収穫したものを調理することで苦手なものを食べる事が出来るようになったりという声があったとのこと。今年は地元の農家に宿泊をするという新しい試みを行う。

安城市こどもぐるぐるゼミナール

こども達が環境に対する関心を高めるための取組を行っている。ここでは安城市環境アドバイザーが講師を務め、人気マンガ「ドラゴンボール」などの作者である鳥山明さん書下ろしのマンガ「おいしい島のウーさま」を活用したテキストの制作をし、未来に向かって自分たちができることを考え、行動するきっかけを作っているとのこと。
教材に鳥山明先生の漫画を使うことで、子供だけでなく親の世代にも親しみながら学ぶことができるというのが大きなポイント、また子供たちはこの事業に参加したことで、身近なことから自分のできることを考えられるようになり、楽しんで参加できる等の声があがっている。
「市民とともに育む環境首都・安城」の取組が10年目となり、仕上げとなる今年度、市民の環境に対する関心が高まっただけでなく環境に関するイベントにも当たり前の事のように参加してもらえるようになったそう。
持続可能な社会の担い手が育つプログラムに市を挙げて取組む安城市。安城市のホームページでも今後情報発信をしていく。
anjo1anjo3

 

イベント等でのPR活動

参加イベント TOKAI ECO FESTA in安城

・実施日  11月1日、11月2日
・場所  安城産業文化公園デンパーク

◆PR内容

・sweet magicのステージ
・バルーンアート de ESD
・ESD パネルクイズ
・ESD ジャンボさいころゲーム
????????????????????
??????????1101TOKAI ECO FESTA (4)

このページの先頭へ


Copyright© 2014 ESD愛・地球プロジェクト Site All Rights Reserved.