ESD 愛・地球プロジェクト


← 市町村トップページへ戻る

豊根村

豊根村長表敬訪問

・訪問日  9月22日
・訪問先  豊根村役場
伊藤 実村長を表敬訪問しました。
????????????????????

訪問内容

◆ESD愛・地球プロジェクトの説明
◆マジックなどのパフォーマンス披露
◆豊根村のESD普及活動についての意見交換

 

ESD取組取材

『花祭』 『とうえい木の駅プロジェクト』

・取材日  9月22日
・取材対応者  豊根村役場 住民課

『花祭』
◆歴史
地域で永く受け継がれている『花祭』。昭和51年に日本で最初に国の重要無形文化財に指定された、奥三河地方に伝わる民俗芸能。「テーホヘ、テーホヘ」と夜を徹して繰り広げられ、室町時代に源流を発すると言われており、熊野の山伏や加賀白山の聖によってこの地に伝えられた。天竜川水系に伝わる神事芸能で700年以上にわたって継承されている。
◆祭りの内容
豊根村では、坂宇場(さかうば)、下黒川(しもくろかわ)、上黒川(かみくろかわ)で行われており、隣の町、東栄町でも実施されているが、鬼の面がそれぞれ別の顔であったり、舞い方に違いがあったりとそれぞれの地区に根付いた特徴がある。
花祭自体には地元住民以外に参加はできないが、観客は日本各地から訪れている。
◆未来に向けて
祭の後継者不足が課題となっているが、『花祭』の記録を保存し、細かな内容を記したサイトを運営したり、そのサイト内で祭り期間には故郷へ帰ろうと、進学や就職で地元を離れている若者に呼びかけを行い、若い世代の祭りの参加を促している。今後の展望としては、さらにPR活動を強化し、特に若い世代の方に興味を持ってもらい、担い手減少に歯止めをかけ、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化財登録を目指す。

『未利用森林資源の活用を推進するための間伐材利用』
◆事業内容
木材による地域資源の活用、地域の再生を目指して、間伐材利用を推進している。村の面積の93%を森林が占め、そのうちの78%が人口林だが、林業の不振や出材コストの高騰により小径木である間伐材の活用が進んでいない。そこで、従来は鉄鋼・プラスチック製品であった土木用資材やパレットなどに間伐材を活用している。その際、丸太から四角い製品を生産すると、端材が発生、その端材なども無駄なく利用するため、それらを破砕した木くずを固めた木質燃料(ペレット)を並行して生産し、間伐材を有効利用している。
地球温暖化対策の有効な手段として、木質ペレットストーブが注目されているが、更なる普及のために、定期的にペレットを作成し、安定した出荷をし、消費者の信頼を得て、今の利用者を手放さないようにし、良い口コミが広がるようにとの取組を実施している。
◆今後の展望
道路の脇の舗装工事に使用したり、一般の方向けに積み木材にしたり製材品ラインナップの拡充に取り組んでいる。ペレットストーブの普及にも力を入れていき、高騰が続く石油燃料の代替として普及させ、未利用森林資源の活用を推進させていく。
????????????????????

このページの先頭へ


Copyright© 2014 ESD愛・地球プロジェクト Site All Rights Reserved.