ESD 愛・地球プロジェクト


← 市町村トップページへ戻る

阿久比町

阿久比町長表敬訪問

・訪問日 6月27日
・訪問場所 阿久比町立ふれあいの森
竹内 啓二町長を表敬訪問しました。
DSCN6392

訪問内容

◆ESD愛・地球プロジェクトの説明
◆バルーンアート、マジックなどのパフォーマンス披露
◆阿久比町でのESDの取組について意見交換

 

ESD取組取材

阿久比町ふれあいの森で開催された「ほたる観察会」

・取材日  6月27日
・取材対応者  阿久比町 建設環境課

豊かな自然に囲まれた阿久比町では、元来生息しているヘイケボタルを通して「ホタルが飛びかう住みよい環境づくり」をめざし、昭和58年からホタル事業を始めた。
0627-8

◆観察会当日の様子
この「ほたる観察会」には、毎年約2000人もの方々が町内外より参加している。この日も、ふれあいの森内にある「ほたる観察室」と養殖場の前には、ヘイケボタルを観に訪れた多くの参加者が列を作っていた。
「ほたる養殖場」内では、専門員の方の解説を聞きながら水路を飛び交うヘイケボタルを観察することができ、淡く光るホタルにたくさんの歓声があがる。
町内各所でも自然生息しているホタルを見ることができるそうで、ホタルを自然環境のバロメーターとして位置づけ、小中学生をはじめ町民の方々による「ホタル生息分布調査」を行っているとのこと。ふれあいの森内にある体育館では、町内小中学校の児童・生徒による「ほたるポスター作品展」が同時開催されており、ホタルという親しみやすい生き物を通じて自然環境保護への関心を高めていた。

agui1agui2

◆将来にむけて
養殖した幼虫を町内の田んぼや小学校などに放流し、自然生息するホタルを増加させるための活動を進めている。
行政機関や専門員の方だけで行うのではなく、様々な形で町内一体となって取り組んでいるホタル事業は阿久比の豊かな自然を後世に伝えていくこととなる。

 

イベント等でのPR活動

参加イベント  「ほたる観察会」

・実施日   6月27日
・場所  阿久比町立ふれあいの森

◆PR内容

・ESDパネルクイズ
・バルーンアート de ESD

0627-6

このページの先頭へ


Copyright© 2014 ESD愛・地球プロジェクト Site All Rights Reserved.