ESD 愛・地球プロジェクト


← 市町村トップページへ戻る

尾張旭市

尾張旭市長表敬訪問

・訪問日  7月8日
・訪問先  尾張旭市役所
水野 義則市長を表敬訪問しました。
0708-10708-5

 

訪問内容

◆ESD愛・地球プロジェクトの説明
◆バルーンアート、マジックなどのパフォーマンス披露
◆尾張旭市のESDの取組である「緑のカーテン事業」について

 

ESD取組取材

「緑のカーテン事業」

・取材日  7月8日
・取材対応者  尾張旭市役所 環境課

◆はじまり
平成22年度に市制40周年記念事業として始まった「緑のカーテン」事業は、市内公共施設のほとんどで実施されている。また、平成24年度から開始された「ゴーヤの苗の無料引換券の配布」によって、数多くの一般家庭や事業所でも緑のカーテンが見受けられるようになり、今や尾張旭市の「夏の風物詩」ともなっている。

◆市民・行政参加型
市役所庁舎の緑のカーテンでは、水野市長をはじめ、有志の市職員約70名によるプロジェクト「緑で癒し隊」が、勤務時間外に水やりやツルの管理をしている。去年まではゴーヤのみを育てていたが、今年からは市民団体「生ごみ資源化協力隊」という保育園の給食の食べ残しを堆肥化する取組をしている皆さんとコラボし、畑を耕し、堆肥を与えながら、キュウリと食べられるへちまの栽培も始めている。収穫したゴーヤは保育園の給食の食材として使用したり、市民の皆さんにプレゼントしたりしている。
※収穫したゴーヤは一般の方も利用可能な市役所の食堂で提供される「健康ランチ」の材料としても使用しているとのこと。

◆普及活動
尾張旭市ではこの取組を多くの皆さんに知っていただくため、自宅や学校、勤務先で育てた「緑のカーテン」の写真を募集し、ホームページで紹介している。ゴーヤの苗の無料引換券配布も、始めた当初はもらってくれる市民が少なかったようだが、口コミなどで広がって、今ではあっという間に無くなり「もっとたくさん用意して欲しい」との声も聞かれる。 ※無料引換券は、市内の園芸店で苗と引き換えを行っている。

◆今後の展望
「日本一、緑のカーテンの多い市にしよう!」と市長が先頭に立ち、市内全域を緑のカーテンで網羅していきたいとのこと。 市役所庁舎内のエアコンの効きも良くなり、設定温度を上げるという効果を生みだしているとのこと。
32

 

イベント等でのPR活動

参加イベント あさひこども環境教室

・実施日  9月6日
・場所  あさひこども環境教室

◆PR内容

・バルーンアート de ESD
・ESD ○×クイズ
・ESDクエスト
??????????asahi_3
asahi_1

 

参加イベント 尾張旭市民祭

・実施日  10月11日、10月12日
・場所  城山公園一帯野球場

◆PR内容

・バルーンアート de ESD
・パネルクイズ
・ESD ジャンボさいころゲーム
????????????????????
??????????owarisimin4

このページの先頭へ


Copyright© 2014 ESD愛・地球プロジェクト Site All Rights Reserved.